ビジネス法務所沢のコラム「会社設立 コラム」について

会社の決算 Vol.013

会計の目的

会社を設立すれば必ず必要になる「決算」。これは一定期間の収入・支出を計算し、利益又は損失を算出することです。なぜ決算をしないといけないのでしょうか。・・・決算をしないと、利益がいくらかわからないから。たしかにその通りですが、では誰のために利益を計算するのでしょうか。会計の目的は、様々な利害関係者の為にあると言えます。

1.投資家(株主)への財政状態・経営成績の開示
2.債権者(銀行)への財政状態・経営成績の開示
3.国等(税務署等)への税額計算の根拠となる資料

その他、免許が必要な業種であれば、許可権者(国や自治体等)への事業報告など、会計の目的は一つではありません。しかし、様々な機関へ提出する決算書は同一のものでなければなりません。これを会計の世界では「単一性の原則」と呼んでいます。

決算の流れ

  1. 試算表を作る
  2. 決算整理仕訳を記入する
  3. 試算表の作成
  4. 帳簿の締め切り
  5. 賃借対照表と損益計算書を作成

試算表とは

決算を確定する前に、仕訳帳から総勘定元帳の各勘定口座への転記が正確に行われているかどうかを検証するために、複式簿記の前提である貸借平均の原理を利用して作成する集計表です。

賃借対照表とは

賃借対照表はバランスシート呼ばれ、会社がどのくらいの試算や財産を所有しているかを明示する為の表です。含まれる項目として現金や預金などの金融資産や売掛金、土地や建物などの固定資産などがあります。逆に負の財産として借入金や支払い手形などの負債も含まれます。

損益計算書とは

損益計算書とは企業のある一定期間における収益と費用の状態を表すために、複式簿記で記録されたデータを集計することによって、貸借対照表などと同時に作成される表です。今期どれだけ稼ぎどれくらい費用を使い、利益がいくら残っているかがわかる書類です。

決算の事ならビジネス法務所沢にお任せください。

会社の決算は、会社の価値の算出はもとより、今後の納税額を決定する大事な行事です。ビジネス法務所沢では会社の情報を正確に把握した上で最適な決算をワンストップで行わせていただきます。