ビジネス法務所沢のコラム「会社設立 コラム」について

法務局とは Vol.021

法務局とは

法務局とは国が運営する地方機関で、登記・戸籍・国籍・供託・公証等などの事務処理をする場所です。「登記所」と呼ばれる事もあります。主に不動産や商業の登記の申請や登記簿謄本の取得などを行います。

不動産登記

マイホームを購入した時や相続等、不動産売買での名義の変更などは不動産を管轄している法務局に登記申請します。申請する事で土地や建物が自分ものである事を証明することができます。
登記簿謄本は住宅ローン控除の確定申告や不動産売買など様々な場面で必要になります。

商業登記

会社を設立した時や会社役員の変更などは会社が所在している管轄の法務局に登記申請します。申請する事で会社の存在の証明や役員の変更を反映してもらいます。
登記簿謄本は会社名義の銀行口座の開設や社会保険手続き、法人名義で重要な契約をする場合など様々な場面で必要になります。

まとめ

一般の方が法務局に関わるのはマイホーム等の不動産購入の時が多いようです。また、会社設立や会社役員の変更などで関わりがある場所になります。通常は登記申請は土地家屋調査士や司法書士などの専門家が代理して行うことが多いです。

所沢で会社設立するならビジネス法務所沢

所沢で起業・会社設立後のお悩みやご相談を無料にて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。