ビジネス法務所沢のコラム「会社設立 コラム」について

株主総会とは Vol.028

6月下旬になると株主総会のニュースや新聞をよく見聞きすると思います。どんな会議で何をするの?と思う方も多いのではないでしょうか。ここでは簡単に「株主総会」について説明していきます。

株主総会とは

株主総会とは株主を構成員として、定款の変更・役員(取締役や監査役)の選任・会社の解散などの基本事項について決定する会議です。株主総会には「定時株主総会」と「臨時株主総会」があります。

定時株主総会とは

定時株主総会は、一定の時期に開催される株主総会で年1回の開催が義務付けられています。定時株主総会の開催時期は特に決まりはありません。ただ事業年度末の3ヶ月以内に開催する必要があります。3月決算の会社が多い為、6月ごろ定時株主総会を開催する会社が多いようです。

臨時株主総会とは

臨時株主総会は、臨時で開催される株主総会でいつでも開催が可能です。開催時期はその会社の任意で可能です。緊急の重大案件が発生しない限りはほとんど開催されることはないようです。

株主の権利とは

株主には「自益権」と「共益権」の2つの権利があります。

「自益権」

・会社から配当金などの経済的な利益を受ける権利

株式会社は営利法人なので活動から得た利益を株主に剰余金として配当しますが、その配当を受ける権利が株主には与えられています。

「共益権」

・会社経営に関する重要な意思決定に参加する権利
・会社経営を監督して是正することができる権利

株主は株主総会における議決権があり、賛否を投票して多数決で決める権利が与えられています。株主1人につき1票ではなく、多く株を持つ人は多数決への影響力が強まります。

まとめ

株主総会を運営するにあたっては、経営者は多くのルールを守り開催しなければなりません。スケジュールは余裕持って準備を進めるようにしましょう。

所沢で会社設立するならビジネス法務所沢

所沢で起業・会社設立後のお悩みやご相談を無料にて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。