ビジネス法務所沢のコラム「会社設立 コラム」について

税理士とは Vol.032

税理士とは

税理士とは、納税者から依頼を受け税金の申告、税務書類の作成、税金に関する相談などの業務を行います。ここでは税理士の仕事内容を少し詳しく紹介します。

主な仕事内容

  • 「税務代理」

    納税者の方を代理して、確定申告、青色申告の承認申請、税務調査の立会い、税務署の更正・決定に不服がある場合の申立てなどを行います。

  • 「税務書類の作成」

    納税者の方に代わって、確定申告書、相続税申告書、青色申告承認申請書、その他税務署などに提出する書類を作成します。

  • 「税務相談」

    納税者の方が税金のことで困ったとき、わからないとき、ご相談に応じます。

具体的には、

  1. 個人事業主様や不動産オーナー様の税務申告業務・相談業務
  2. 法人企業様の税務会計顧問・相談業務
  3. 相続税の申告業務・相続税の試算や相続対策業務

などその業務内容は多岐にわたります。

税理士の使命

税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、 納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適 正な実現を図ることを使命としています(税理士法第1条)。

まとめ

税理士は、依頼者(納税者)の利益となるように、法令の範囲内で節税対策や適正な税額計算を行っていくことになりますが、
税理士法第1条にあるとおり「独立した公正な立場」であり、納税者側と行政側のどちらに偏ることなく納税義務の適正な実現を図るという使命を課せられています。

所沢で税理士をお探しならビジネス法務所沢

所沢で税務に関するお悩みやご相談を無料にて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。