ビジネス法務所沢のコラム「会社設立 コラム」について

社会保険労務士とは Vol.033

社会保険労務士とは

社労士(社会保険労務士)とは、社会保険や年金、労務管理をあつかう専門家で、企業が行政機関に提出する書類作成、手続きの代行なども業務として行っています。
従業員が採用されてから退職するまでに関わる事で、経営者と労働者がよい関係を結ぶための相談にも応じます。
税理士が「税務」に関する業務であれば、社労士は「人事労務」に関する業務になります。

主な仕事内容

  • 労災保険
  • 雇用保険
  • 健康保険
  • 厚生年金保険
  • などに関する書類作成、届出

  • 給与
  • 賞与
  • 年金
  • 退職金
  • に関する手続き、相談、制度見直しなど

  • 労働時間短縮
  • 残業代削減
  • に対する改善提案など

  • 採用
  • 教育訓練
  • 研修
  • 労働条件
  • 休日休暇
  • 人事評価
  • 能力開発
  • 賃金制度
  • 解雇
  • に関する手続き、相談、制度見直し、企画など

業務範囲はかなり幅広いためどの業務を軸足としているかなど、それぞれの社労士さんによって異なると思います。

まとめ

社会保険労務士は、法改正に関する最新情報や労務管理全般に関する詳しい情報があるので、労務の諸問題を未然に防ぐことが出来ます。
事務での見落としや忘れがちな手続きや届出もサポートしてくれるので企業経営が円滑になるでしょう。

所沢で会社設立するならビジネス法務所沢

所沢で起業・会社設立後のお悩みやご相談を無料にて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。