ビジネス法務所沢のコラム「会社設立 コラム」について

接待交際費とは Vol.035

接待交際費とは

交際費(接待交際費)とは、取引先や事業に関係する者に対する接待や贈り物などにかかる費用の事です。例えば、飲食店での飲食、旅行や観劇への招待、お中元やお歳暮、結婚祝い金や香典などが交際費となり、税法上では交際費等と呼ばれます。

「交際費」を経費(損益算入)にできる限度額

交際費が経費になるかは、会社の規模や交際費の金額により決まります。

  • 個人事業・・・必要性が認められる限り、金額の制限はない
  • 法人(資本金1億円以下)・・・ 800万円以下まで、または飲食代の50%まで
  • 法人(資本金1億円超)・・・飲食代の50%まで

「交際費」と「会議費」について

交際費の飲食費について「1人当たりの金額が上限5000円まで交際費から除く」という規定があり、交際費以外の費用として「会議費」として損金算入できます。ただし、この規程にあたっては「社内飲食費」は除かれます。もちろん、身内の飲食代金などは経費とは認められません。

まとめ

交際費を経費にするためには領収証の保管だけではなく、参加者氏名、参加人数、支出の目的などを記録する必要があります。

交際費は、私的な支出との区別がつきにくい経費です。税務調査の時は「本当に事業のために必要なもの?」「個人的な支出では?」がポイントとなるでしょう。もし不明点がある場合は、税理士に相談し確認してみてはいかがでしょうか。

所沢で会社設立するならビジネス法務所沢

所沢で起業・会社設立後のお悩みやご相談を無料にて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。