ビジネス法務所沢のコラム「会社設立 コラム」について

専従者とは Vol.044

専従者とは

専従者とは、個人事業主の事業にたずさわり事業主と一緒に生活をしている配偶者や親族のことを言います。
その報酬として支払った給与を専従者給与と言い、経費として計上することができます。
ただ、白色申告には専従者給与を必要経費にすることはできず、そのかわり「事業専従者控除」として一定額の控除を受けることができます。

専従者となる条件

専従者となるには、次の3つの要件が必要です。

  • 申告者と生計を同一にする配偶者または親族であること
  • その年の12月31日時点で、年齢が15歳以上であること
  • 年間6ヶ月を超える期間(または1/2を超える期間)事業に専念していること

また、高校生や大学生など学業に専念する家族は専従者として認められないようです。

事業専従者控除

白色申告の場合は「事業専従者控除」として一定額の控除を受けられます。

  1. 配偶者86万円、他の親族は一人あたり50万円
  2. 事業所得÷(事業専従者の人数+1)

確定申告書に記載すれば控除を受けられ、届出は特に必要ありません。

専従者給与

青色申告の場合は支払った給与を経費として計上できます。
事業専従者控除とは違い「青色事業専従者給与に関する届出書」を納税地の所轄税務署長に提出する必要があります。
提出期限は以下の通りです。

  • 「専従者給与」として計上する年の3月15日まで
  • 1月16日以後に事業を始めた場合や新たに専従者を追加した日から2カ月以内

まとめ

専従者給与を支払うためには届出書を期日までに届け出る必要があり、条件などを満たしているかなど準備する時間も必要です。
また、専従者給与を支払うと配偶者(特別)控除を受けることは出来なくなりますので、どちらを利用したら節税効果が期待できるかなどを考慮し検討してみてはいかがでしょうか。

所沢で専従者給与の申告に関すご相談ならビジネス法務所沢まで

所沢で起業・会社設立後のお悩みやご相談を無料にて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。