ビジネス法務所沢のコラム「会社設立 コラム」について

テナントについて Vol.046

テナントとは

テナントとは、オフィスビルや商業ビルと賃貸契約して入居する事務所や店舗のことをさします。元の意味は土地や建物の賃借人や賃借権保有者を指す言葉で「借り手」の事ですが、一般的には貸ビルに入るお店・事務所・倉庫などに使われています。
これからテナントを借りて起業する方もいらっしゃると思います。テナント契約に必要な準備をここで簡単に説明します。

契約に必要な書類

法人契約・個人契約に必要な書類

  • 入居者の住民票
  • 入居者の身分証明書
  • 印鑑(法人の場合は会社の印鑑)
  • 連帯保証人の実印
  • 連帯保証人の印鑑証明書
  • 連帯保証人の住民票

法人契約のみ必要な書類

  • 法人謄本
  • 印鑑証明書
  • 決算報告書
  • 会社概要など

これから起業する場合には「事業計画書」が必要です。
※必要書類は不動産会社によって異なる場合もあるので確認すると良いでしょう。

まとめ

自営業の場合は入居審査が厳しくなる場合があるようです。収入に対し賃料が高くないか注意する必要があります。一般的に賃貸物件を借りる目安の賃料は月収の25~30%以内とされています。無理なく経営できる物件を検討しましょう。

所沢で会社設立するならビジネス法務所沢

所沢で起業・会社設立後のお悩みやご相談を無料にて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。