ビジネス法務所沢の会社設立に役立つ「ワンポイントコラム」

個人事業主が年末調整する場合とは Vol.99

個人事業主は確定申告を行うので年末調整は不要ですが、従業員を雇っている場合や副業の収入がある場合は年末調整が必要となります。今回は「個人事業主が年末調整する場合とは」はどんな時なのか、簡単に説明します。

年末調整とは

年末調整とは、勤務先から支給される給与の所得税額を計算する手続の事です。1年間に払う所得税の「過不足金額」を調整し税額を確定します。基本的には、給与所得者の納税額を調整するためにあるので、個人事業主は年末調整する必要がありません。
詳しくは「年末調整について Vol.051」を参考に。

年末調整を必要とする場合

年末調整は、給与所得者の納税額を調整するためで個人事業主はする必要がありませんが、下記の場合は個人事業主でも年末調整の対象となります。

<副業の給与がある場合>

副業としてアルバイトや従業員として働いている場合。給与所得なので、勤務先の会社が年末調整を行います。 年末調整後に会社から源泉徴収票が渡されるので、翌年の確定申告まで大切に保管します。
※副業で給与所得があっても個人事業の所得が20万円以下の場合は、年末調整を行いますが、確定申告は不要になります。

<従業員やアルバイトを雇っている場合>

個人事業で従業員やアルバイトを雇っている場合。事業主が従業員の年末調整を行います。 従業員の年末調整は、従業員から必要書類を集め、従業員への源泉徴収票の交付までスケジュール通りに行います。

<青色事業専従者の場合>

同一生計を営んでいる家族や親族(配偶者など)に給与を支払い、青色申告の申請をしている場合。青色事業専従者の年末調整を行います。

まとめ

上記の場合には、個人事業主でも年末調整をする必要があることが分りました。人を雇っている場合は、従業員の年末調整をするために必要とする書類も多く、個人事業主にとっては大きな負担となります。必要な準備や届出は前もってしておくと良いでしょう。
分からないようであれば、事前に専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

所沢で会社や個人事業での年末調整や確定申告に関するお悩みや相談ならビジネス法務所沢

所沢で会社や個人事業での年末調整や確定申告に関するさまざまなお悩み、ご相談を無料にて受け付けております。お気軽にご連絡ください。